ヒアルロン酸注射と血行障害

ヒアルロン酸注射と血行障害について

高い保水力と保湿力を持ち合わせたヒアルロン酸は美容成分の中でも有名で、美容皮膚科や美容クリニックではヒアルロン酸注射が受けられます。

 

小じわや涙袋の改善のためにヒアルロン酸注射を打っている女性は多く、気軽に受けられるプチ整形の中でも人気です。

 

しかし、得られる効果だけではなく副作用のリスクも心得ておかなければならず、その一つが血行障害となっております。

 

ほうれい線や眉間にヒアルロン酸を注入し、血行障害が引き起こされて皮膚が壊死してしまったという事例が以前にありました。

 

近年では医療技術の向上によって一昔前と比較して遥かに安全性が高くなっておりますし、重篤な症状が引き起こされることは少ないはずです。

 

それでも、医療行為である以上は少なからず後遺症のリスクがあり、血行障害を起こした皮膚は数時間後に紫色や赤色に変化して痛みを伴うこともあります。

 

血行が悪いまま放置していると皮膚が萎縮して凸凹になったり、赤みが残ったりと美容を損ねる大きな原因となるため、異常を感じたら早めに処置を受けたクリニックを受診して専門医による診察を受けた方が良いでしょう。

 

また、ヒアルロン酸注射によって血行障害以外にも、以下のようなトラブルやアレルギー症状のリスクがあります。

 

 

・アレルギー反応によって強いショック状態に陥るアナフィラキシーショック

・注入した患部にしびれが生じる

・ヒアルロン酸を注入した部位が凸凹になる

・患部が膨らみすぎてしまう

・皮膚に凹みが残ってしまう

・しこりが形成される

・感染症が引き起こされる

 

 

良心的なクリニックならば、ヒアルロン酸注射を受ける前に、上記のようなリスクを伴うと詳しく説明を受けるはずです。

 

「綺麗になりたい」という女性の気持ちは多いに分かりますが、医療行為を受ける前に副作用や後遺症に関する知識をきちんと得ておかなければなりません。

 

血行障害のリスクを減らすためには、「硬いヒアルロン酸を注射しない」「鈍針のカニューラで血管内に注射しないようにする」という対策が必要となります。

 

個人の肌質によって大きく異なる部分なので、事前に専門医と相談し、安全に処置が受けられるようにアフターケアの方法なども伺っておくべきです。

 

少なからずリスクがある以上、ヒアルロン酸注射を積極的におすすめすることはできず、当サイトでご紹介しているヒアルロン美潤の使用が適しております。

 

ヒアルロン酸サプリメントならば副作用なく身体の内側から潤いを与えて綺麗を取り戻すことができるので、是非一度ヒアルロン美潤を購入してみてください。

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 


「ヒアルロン酸注射」に関するページ