目の下へのヒアルロン酸注射

目の下へのヒアルロン酸注射について

目の下のたるみが気になるということで、美容皮膚科や整形外科でヒアルロン酸注射を打つという女性は多くいらっしゃいます。

 

目元のケアでヒアルロン酸注射を行う場合、目の下のたるみが中程度の方に最適となっており、クマができていることで全体的に暗いイメージとなっていた顔を、ふっくらと明るく見せることができるのです。

 

肌に弾力や潤いも蘇るので、加齢による目の下のたるみだけではなく、若い女性も積極的にヒアルロン酸注射を利用しております。

 

それに、目元が老けて見える原因は必ずしもクマだけではなく、皮膚の複雑な凸凹やハリの減少など様々な要因が重なり合うことによって引き起こされているのです。

 

このような症状の改善にヒアルロン酸注射は適しており、シワやクマを部分的に解消するだけではなく、目周り全体の質感やボリュームを整えて、若々しい状態で維持できるようになるでしょう。

 

ヒアルロン酸は、半年から1年ほどかけて体内に吸収されるという特徴があり、定期的に施術を受けなければ理想の状態を長く維持することはできないものの、目の下の不快な症状を改善できるのは紛れもない事実です。

 

目の下に打つ場合に限った話ではありませんが、針を刺して注入する際の痛みは十分我慢できるレベルですし、ダウンタイムも短いということで、お仕事で忙しいという女性も気軽に受けられます。

 

それでも、ヒアルロン酸注射を行う際の痛みが怖いという方のために、麻酔入りのヒアルロン酸を取り入れているクリニックがあるので、事前に相談してみるのが良いかもしれません。

 

身体の中に入れて危険性のあるものは、副作用の心配がありますし、その影響でショック死する可能性もありますが、ヒアルロン酸注射にはそのようなリスクがないというところが一番のメリットです。

 

目の下は顔の中でも皮膚が薄くなっており、デリケートな部分なので限られたクリニックでしか施術を受けられないものの、信頼できるところで施術を受ければ成功する確率を上げることはできます。

 

技術や経験が浅い医師が、目の下にヒアルロン酸注射を行うと、皮膚が凸凹になって失敗するリスクが増すので、ドクター選びとクリニック選びが重要だということがお分かり頂けるでしょう。

 

ただし、どんなに腕の良い医師に施術をしてもらったとしても、針を打つ際に毛細血管に当たり、内出血を引き起こす可能性はありますが、時間が経過すれば自然と消えていくので心配する必要はないです。


「ヒアルロン酸注射」に関するページ