ヒアルロン酸とアレルギー

ヒアルロン酸とアレルギーについて

「ヒアルロン酸注射を打って、アレルギー反応が引き起こされることはあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるはずです。

 

医師からどんなに安全な治療だと言われていても、体内に強制的に成分を入れる施術には変わりないので、アレルギー症状が引き起こされるリスクを考える気持ちは十分に分かります。

 

しかし、ヒアルロン酸は一般的にアレルギーがさほどない成分の一つで、実際に私たちの体内で絶え間なく生成されているので、安全だということはお分かり頂けるはずです。

 

事前に個人個人が検査を行わないとしても、現在クリニックで利用されているヒアルロン酸は、牛コラーゲンでは欠かせなかった皮内テストが不要なので、世界中で広く普及しております。

 

世界各地の研究機関では、ヒアルロン酸はアレルギー物質の毒性を高める誘発物質だと考えられているようですが、決してそんなことはありません。

 

副作用を引き起こす可能性は極めて低く、ヒアルロン酸を体内に注入してアレルギーを引き起こす確率は、0.0012%だというデータが出ております。

 

注射針を皮膚に刺す際に、毛細血管を傷つけて内出血が引き起こされるリスクはあるものの、コラーゲン注入とは違い、ヒアルロン酸注入にはアレルギーの心配がほとんどないのです。

 

もちろん、このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」はサプリメントであり、徹底した品質管理が行われているので、アレルギーが生じることはほとんどないでしょう。

 

ただタブレットを飲むだけで、安全に美容効果を高められる素晴らしい製品なので、一度「ヒアルロン美潤」を使用してみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、ヒアルロン酸注射で100%アレルギーが引き起こされないと言い切れるわけではなく、不快な症状が身体に表れたという報告はあります。

 

実際に、ヒアルロン酸注射を患部に打ってから、その部分が痒くなったという方はいらっしゃるのです。

 

ヒアルロン酸が身体に合っていなかったという可能性はありますが、他の物質がヒアルロン酸の中に混じっており、それが肌に留まることでアレルギー反応が生じたと考えられます。

 

ほとんどの場合、身体に異常が引き起こされることなく、施術を受けられるものの、何かしらのリスクは背負わなければなりません。

 

理想は病院で施術を行う前に、全ての方にアレルギー反応がないことを確認するべきですが、患者さんの手間やアレルギーが発症するリスクを考慮すると、そうもいかないのが現状です。


「ヒアルロン酸の副作用」に関するページ