ヒアルロン酸の原料

ヒアルロン酸の原料について

ヒアルロン酸がどのような原料を使って作られているのか、安全性を確かめたいという方は気になるはずです。

 

その際は、ヒアルロン酸が含まれた製品のパッケージや解説書、個々のメーカーの公式サイトにアクセスすれば、抽出原料や製法に関しての内容を把握することができます。

 

動物由来のヒアルロン酸は、ニワトリのトサカが主な原料となっており、日本ではトサカを食べるような習慣はないものの、フランス料理や中国の宮廷料理ではこれが使われているのです。

 

ただし、近年になってニワトリのトサカが原料となったヒアルロン酸製品の売れ行きが落ちており、敬遠され始めた主な理由は、恐らく鳥インフルエンザの風説による影響だと言えるでしょう。

 

天然のヒアルロン酸は品質が高く、高価な原料ですし、特に大きな副作用が引き起こされるということはないです。

 

それに、日本国内からしっかりと供給されていて、日本国内の鶏流通で問題がないと判断されたものから抽出しているヒアルロン酸製品であれば、安全に使用していくことができます。

 

一方で、現在様々なメーカーから販売されている化粧品やサプリメントの多くは、人工的にバイオ技術で精製されており、溶血性連鎖球菌という病原菌が主な原料です。

 

病原菌と聞くと不安になるかもしれませんが、バイオ技術で作られた製品の安全性は、十分な研究によって保証されておりますし、化粧品に入れることも許可されております。

 

とは言え、食用のヒアルロン酸をサプリメントから摂取したり、顔に塗るタイプの化粧品においても、少々注意して使った方が良いかもしれません。

 

このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」の原料はニワトリのトサカとなっており、契約農場で育った食用の鶏が使われているので、安全性に関しては全く問題がないです。

 

「自分の家族が使用するものだから添加物が含まれていない製品が良い」という方は、「ヒアルロン美潤」を使い、美容と健康を整えてみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、バイオ技術で精製されたヒアルロン酸製品を使用する場合、上記で注意が必要だと説明しましたが、動物由来ではないため、アレルギーや感染症が引き起こされるという心配はないです。

 

バイオ技術と平行して、微生物の培養技術もどんどん高まっており、溶血性連鎖球菌と病原菌が原料のヒアルロン酸製品だったとしても、実際に販売されているものは安心して使用できます。

 

むしろ、現在ではこのような技術を使った製品は生活の中に溢れており、天然のものしか使っていないという方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

それでも、サプリメントや化粧品を使用するに当たり、原料などの問題で腑に落ちないのであれば、医師や薬剤師に一度相談してみるべきです。

 

また、インターネットの発達によって、現在ではネットショップで日本では基準外となっているようなヒアルロン酸製品が、海外で販売されている場合があります。

 

そのような製品の説明は日本語で記載されておりませんし、どの原料を使って作られているのかチェックできないはずなので、十分に注意しなければなりません。


「ヒアルロン酸の原料」に関するページ