ヒアルロン酸の吸収率

ヒアルロン酸の吸収率について

自然界に存在するヒアルロン酸は、100万〜800万という分子量があり、吸収率が悪いという特徴があるのです。

 

ヒアルロン酸は皮膚や目の中など、色々な場所に存在しており、大きな役割を担っておりますが、分子量の大きすぎる成分をサプリメントで摂取したとしても、吸収率が悪いので大きな効果が期待できません。

 

「では、ヒアルロン酸を健康食品で取り入れても意味がないの?」という疑問を抱えるかもしれませんが、現在では体内への吸収率をアップさせた低分子ヒアルロン酸が開発されました。

 

大きな分子量では身体への吸収が悪いため、もっと小さいサイズにまで切ったのが低分子ヒアルロン酸で、身体への吸収率が非常に高まっております。

 

切るといっても、ヒアルロン酸をハサミやカッターで切れるわけがないので、化学的に薬を使ったり、熱処理を加えるという方法が一般的です。

 

経口摂取でヒアルロン酸を取り入れる場合、消化吸収の際にバラバラに分解されるため、吸収率を上げても意味がないという意見があるものの、肌の潤いやハリをアップさせることはできます。

 

その際に、吸収率が高い低分子ヒアルロン酸を使用している製品の方が、身体に何かしらの変化が引き起こされやすいということはお分かり頂けるでしょう。

 

このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」は、効率良くヒアルロン酸を補えるように、低分子・高吸収型の成分が使われております。

 

それに、熱処理でヒアルロン酸を小さくすると成分が変化する可能性があるものの、「ヒアルロン美潤」は成分を壊さない酵素法が取り入れられているので、安心して摂取できるはずです。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、上記で体内への吸収率を高めた低分子ヒアルロン酸が良いと説明致しましたが、どんな製品でも良いという単純なものではありません。

 

大きすぎて体内に吸収されにくいヒアルロン酸ですが、逆に小さくしすぎてしまうと、今度は保湿力が低下し、効果の持続期間が短くなるというデメリットがあります。

 

このように、ヒアルロン酸は摂取するのが難しい成分なのですが、低分子化されたものでも、体内で再合成されて保湿力を取り戻せるという特徴があるのです。

 

再合成の段階で幾らかのロスが発生するものの、天然のヒアルロン酸を取り入れたとしても分子量が大きすぎて意味がないので、人工的に作られた製品の方が良いでしょう。

 

もちろん、吸収率が悪いヒアルロン酸の化粧品を使っていたとしても、肌の表面に水分を与えたり、保湿効果を上げることはできるので、使用する価値が全くないというわけではないのです。


「ヒアルロン酸の原料」に関するページ