ヒアルロン酸の摂取量

ヒアルロン酸の摂取量について

保水能力が高いということで女性から人気を得ているヒアルロン酸は、特に1日の摂取量が決められているというわけではありません。

 

それに、ヒアルロン酸は加齢とともに体内で生成される量が減少するという特徴があるため、年齢によっても1日の摂取量は大きく異なります。

 

厚生労働省で摂取量の目安が設定されているというわけではなく、「1日当たり60mg〜120mg程度がちょうど良い」「20代〜40代の方は250mg〜400mg、40代以降の方は400mg以上が最適」というように、サイトによって異なった量が記載されているのです。

 

上記のどちらも不正解というわけではありませんし、過剰摂取にさえ注意すれば、多少は摂取量を多くしても問題はないと言えます。

 

食事やサプリメントなどヒアルロン酸を取り入れる方法は幾つかありますが、1日あたり60mg〜120mg程度の摂取量でも、毎日定期的に続けていれば美容面や健康面で大きな効果を発揮するはずです。

 

ヒアルロン酸の過剰摂取により、健康被害や有害事象は認められていないものの、どんなに身体に良い成分だとしても、そればかり摂取すると栄養バランスが崩れるということは間違いないでしょう。

 

それに、1日に大量に摂取したからといって、効果が早まったり、持続期間が長くなったりするわけではないので、程ほどの摂取量を長期的に続けていく必要があります。

 

このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」は、サプリメントの一種ですが、1日の摂取目安量はきちんと定められているので、それをしっかりと守るべきです。

 

「ヒアルロン美潤」の公式サイトでは、1日に3粒程度が推奨されており、長く続けることに大きな意味があるということを頭に入れておいてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、ヒアルロン酸を含む食品は存在しており、毎日の食事で摂取しようと考えている方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、ニワトリのトサカや魚の目玉といった部分にヒアルロン酸は含まれているものの、普段の食卓に上がるような食品はないですし、熱を加えると成分が破壊されるという特徴があります。

 

その点、サプリメントでヒアルロン酸を取り入れるようにすれば、簡単に1日に必要な摂取量を補給できるので、優れた製品だということがお分かり頂けるはずです。

 

また、一口にヒアルロン酸と言っても、人体に吸収されにくい高分子ヒアルロン酸と、吸収されやすい低分子ヒアルロン酸の2種類に大きく分けられます。

 

つまり、人体に吸収されにくい高分子ヒアルロン酸をたくさん摂取したとしても、実際の摂取量はかなり少ないと仮定できるため、全く意味がないというわけです。


「ヒアルロン酸の原料」に関するページ