ヒアルロン酸の使い方

ヒアルロン酸の使い方について

ヒアルロン酸の使い方は決して難しいというわけではなく、既製品でしたら説明書に記載されている通りに使用すれば問題はありません。

 

化粧水や美容液にヒアルロン酸が含まれている商品は、それを塗り過ぎないように使っていけば良いですし、サプリメントであれば1日の摂取量を守って使えば良いのです。

 

他にも、ヒアルロン酸注射を利用した使い方があり、クリニックを受診することで施術を受けられ、シワやたるみなど気になる部分を改善することができます。

 

ヒアルロン酸注射は自分で何か処置を行う必要はなく、医師に任せていれば勝手に施術を行ってくれますし、施術時間が非常に短く患者さんの負担が少ないというところが大きなメリットです。

 

ただし、ヒアルロン酸を注入してから患部を圧迫したり、不潔に保ったりしていると、思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないので、アフターケアの方法を専門医からきちんと説明を受けましょう。

 

以上のような方法ではなく、ヒアルロン酸は原液のまま使用するという使い方があり、直接肌に付けても化粧水に混ぜても大丈夫です。

 

原液を直接肌に付けるという使い方に疑問を持っている方はいらっしゃいますし、肌がべた付くかもしれないので、お手持ちの化粧水にヒアルロン酸の原液を加えるという方法が適しております。

 

ヒアルロン酸の原液は100円ショップで購入が可能で、化粧水ボトルの中にこれを丸ごと1本注ぎ込むだけで、普段使用している化粧水よりもまろやかになるのです。

 

たっぷりと肌に付けていれば美肌や美白に近づけることは間違いないので、朝の洗顔後や夜の入浴後直ぐといった肌が乾燥している状態の時に、使用するのをおすすめします。

 

もちろん、自分のタイミングで化粧水を使っても良いのですが、化粧水が勿体無いということで少しずつケチケチとした使い方はあまりおすすめできません。

 

このような使い方では、大きな効果は味わえないので、肌から零れ落ちるほどたっぷりのヒアルロン酸化粧水を使い、肌の保湿を行っていくべきです。

 

また、ヒアルロン酸の原液をボトルの中に入れて作った場合、底の方にヒアルロン酸が溜まりやすく、使用する際にただの化粧水となってしまうことがあるので、使う前に軽くボトルを振り、中の成分が均等になるような処置を行います。

 

ヒアルロン酸以外にも、コエンザイムQ10やクエン酸の原液を化粧水の中に入れるという方法が流行っておりますが、その中でヒアルロン酸の効果が一番高いようです。

 

肌トラブルのない生活を長期的に送るためにも、毎日のスキンケアの方法や使用するグッズに気を配るようにしましょう。


「ヒアルロン酸の原料」に関するページ