ヒアルロン酸は自己注入できる?

ヒアルロン酸は自己注入できるの?

美容クリニックでヒアルロン酸注射を行うとなると、数万円程度の費用が掛かりますし、理想の効果を持続させるためには、約半年間に1回程度ごとに注射を行わなければならないのです。

 

一般人にとっては大きな負担となり、定期的に施術が受けられないということで、ヒアルロン酸を自己注入している方がいらっしゃいます。

 

それに、美容クリニックで施術を受けても効果があまり感じられないということで、高いお金を支払って受けるのならば、自己注入の方が安くて気軽にできるということで、自分で試してしまうというわけです。

 

インターネットの掲示板では自己注入が話題となっており、自分で注射器を購入し、ヒアルロン酸を輸入して手に入れ、自宅で処置を行っている方がいらっしゃいます。

 

本来であれば、ヒアルロン酸は薬事法の規制を受けており、手に入れるためには特別な申請が必要なのですが、個人輸入の場合はパスできるのです。

 

「安くて便利だから私も試してみたい」と考えた方はいらっしゃるはずですが、医学的知識のない方が自分の判断で自己注入を行うのはリスクが高すぎるので、絶対に避けてください。

 

ただ単にヒアルロン酸を注入すれば良いというわけではなく、注射器をさすポイントをしっかりと見極めなければならず、その判断を素人が下すことは絶対にできないのです。

 

専門のドクターが行うからこそ、安全に処置を受けられるのであって、無意味な場所に自己注入することで、変化が引き起こされないだけではなく、後遺症が残るケースは十分にあります。

 

日本美容外科学会では、自己注射によって何かしらのトラブルが引き起こされたという例が報告されているので、素人が自分勝手な判断で処置を施してはいけないというわけです。

 

ヒアルロン酸注射を打つお金がないという方には、このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」が適しております。

 

ヒアルロン酸注射のような即効性はありませんが、サプリメントを飲むことで身体の内側から綺麗を手に入れられるので、是非「ヒアルロン美潤」を試してみましょう。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、ヒアルロン酸注射を行った場合、体内に注入されたヒアルロン酸は自然と吸収されるので、自然と元の状態に戻っていきます。

 

効果が持続する期間には個人差が生じているので、一概には説明できませんが、半年間程度で元に戻るということで、自己注入してもそこまでリスクがないと考える方がいらっしゃるのです。

 

しかし、ヒアルロン酸を注入する量のコントロールは非常に難しく、個人の肌質などにもよって異なるので術者の高い技術が必要で、失敗することで後遺症や感染症など取り返しのつかない危険性が引き起こされてしまうでしょう。

 

最悪の場合、後遺症が残るだけではなく、ショック死を引き起こすというケースもあるようなので、きちんとクリニックで施術を受けなければならないということがお分かり頂けるはずです。

 

ヒアルロン酸やフィラー系の注入は、真皮の深いところに施さなければならず、浅いところに注入することで、違和感やしこりになったりします。

 

美容を求めて自己注入を行っているのにも関わらず、そのような症状が引き起こされては全く意味がないので、間違っても自分で試そうとは思わないでください。


「ヒアルロン酸に関する疑問」についてのページ