ヒアルロン酸は授乳中に摂取できる?

ヒアルロン酸は授乳中に摂取できるの?

妊娠中や授乳中は、自分の身体のことだけではなく、赤ちゃんの健康についてもきちんと考えなければならないので、ヒアルロン酸を摂取しても良いのかどうか気になるはずです。

 

確かに、授乳中は育児によるストレスや、ホルモンバランスの乱れにより、肌や髪の毛に不調が表れることがあり、美を追求するために、サプリメントを摂取したいと考えるかもしれません。

 

ヒアルロン酸の安全性は証明されているので、基本的に授乳中でも飲めるはずですが、データが少ないということは紛れもない事実なので、なるべく避けた方が良いです。

 

ヒアルロン酸が含まれたサプリメントやドリンクにより、副作用が生じる可能性は限りなく低いものの、アレルギー反応の報告はなされております。

 

サプリメントの容器やメーカーの公式サイトで、妊娠中や授乳中の摂取に関して何も記載がないとしても、お腹の中の赤ちゃんを一番に考えるのであれば、摂取する前に専門医に尋ねてみるべきです。

 

基本的には、身体に必要な成分しか含まれていないですし、医薬品ではないので胎児に与える影響は限りなく少ないと考えられます。

 

それでも、万が一生まれてきた子供にアレルギーや障害が生じるリスクはあるので、自己判断で使わない方が良いでしょう。

 

このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」は、天然成分のみで構成されているサプリメントで、安全性に拘っております。

 

しかし、妊娠中や授乳中の方は、念のために医師に事前に相談し、飲んでも良いと許可を得た後に使用するようにしてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 


ヒアルロン酸注射は授乳中にできるの?

ヒアルロン酸注射を受けていけない場合はほとんどなく、誰でも肌のシミを除去したり、たるみを解消するために気軽に利用できます。

 

メスを使った美容整形とは異なり、ヒアルロン酸を注入するだけの簡単な処置というところが、人気の秘訣なのです。

 

ただし、妊娠の可能性がある方や、母乳で授乳中の方は、赤ちゃんへの影響を考えて、注射を見合わせる必要があります。

 

元々、ヒアルロン酸は体内に存在する成分ですし、危険性はほぼないと言っても良いのですが、ヒアルロン酸注射を打つ際に何かしらの刺激が加わり、その影響でどのような副作用が生じるのか予想するのは困難なのです。

 

授乳中であれば、そこまで神経質になる必要はないかもしれませんが、特に妊娠中は体質も変わっており、以前には平気なことでも身体が拒否反応を示すかもしれないので、ヒアルロン酸注射は止めておきましょう。

 

それに、ヒアルロン酸注射は肌に注射器を刺して施術が行われる仕組みで、その際に細菌が混入して感染症が引き起こされるリスクがあります。

 

胎児のことや赤ちゃんのことを考えると、妊娠中や授乳中のヒアルロン酸注射は危険極まりないので、この期間が過ぎるまで我慢するべきです。


「ヒアルロン酸に関する疑問」についてのページ