ヒアルロン酸を打ち続けると?

ヒアルロン酸を打ち続けるとどうなるの?

ヒアルロン酸を注射で打ち続けるとどうなるのか、気になるという方は多くいらっしゃるはずです。

 

インターネットの噂では、ヒアルロン酸を打ち続けることにより、注入した場所が大きく腫れると言われておりますが、決してそんなことはありません。

 

ヒアルロン酸注射には幾つかのデメリットがありますが、現在では医療の発達によって安全に施術が受けられるようになりましたし、ほとんど副作用なしで処置を施せます。

 

ヒアルロン酸は、僅か1gで6リットルもの水分を抱えられるという性質があり、それを体内に注入することによって肌のハリを戻して潤いを与えたり、たるみを解消したりできるのです。

 

加齢によるシワ防止にもヒアルロン酸注射が利用されており、気軽に行えるプチ整形ということで、女性から人気を得ているということは間違いないでしょう。

 

しかし、ヒアルロン酸は注入した場所にもよりますが、6ヶ月から1年間程度を掛けて体内に吸収されていくため、効果が永久的というわけではないのです。

 

そのため、ヒアルロン酸を打ち続けるとしても、身体に残ってしまう危険性はないですし、定期的に施術を受けることが、理想の状態を維持する大きな秘訣だと説明できます。

 

とは言え、事前に医師から説明を受けるはずですが、短期間で同じ部位に何度も打ち続けると、失敗のリスクが増すので、期間をあけて施術を行わなければなりません。

 

以上のようなデメリットを持ち合わせているヒアルロン酸注射ですが、このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」はサプリメントなので、飲み続けたとしても悪影響は引き起こされないはずです。

 

もちろん、1日の摂取量はきちんと守らなければなりませんが、ゆっくりと身体の内側から美を手に入れられるはずなので、是非使ってみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、ヒアルロン酸注射で得られる効果を持続するためには、定期的に施術を行わなければならないと上記で説明致しました。

 

注入する部位によって大きな違いが生じておりますが、体内に自然と吸収されるという点では一緒です。

 

クリニックでは「注入したヒアルロン酸は5年間持ちます」と謳っているところがありますが、これは体内に存在するヒアルロン酸の最後の1滴がなくなるのが5年後という意味なので、惑わされてはいけません。

 

施術を行った当日からゆっくりとヒアルロン酸は体内に吸収され、本当に理想の状態を維持できるのは3ヶ月程度なので、定期的に打ち続けなければならないというわけです。

 

定期的なメンテナンスを行わなければ、理想の自分を維持できないということをしっかりと頭に入れておきましょう。


「ヒアルロン酸に関する疑問」についてのページ