ヒアルロン酸と関節痛

ヒアルロン酸と関節痛について

肌の若返りに欠かせない成分としてヒアルロン酸は女性の間では有名となっており、この成分が含まれた化粧品を積極的に使用している方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、実はヒアルロン酸は肌に対する効果だけではなく、関節痛の改善に役立てることができます。

 

関節は骨と骨とが接合している部分を指し、骨同士がそのまま接しているというわけではなく、僅かな隙間にネバネバとした滑液と呼ばれる物質で満たされているのです。

 

この液体こそがまさにヒアルロン酸で、オイルのように互いに滑り合わせる潤滑機能と、ゴムのようなクッション機能により、私たちはスムーズに関節を動かすことができております。

 

ヒアルロン酸のお陰で重い体重をきちんと受け止められるようになっているものの、年齢を重ねることで体内で生成される量が減っていくので、関節痛が引き起こされやすくなるのです。

 

それに、関節軟骨の表面を摩擦によって擦り減るのは防いでくれる成分でもあるので、関節痛の緩和には欠かせない存在だと言えるでしょう。

 

必ずしも高齢者の方だけが関節痛に悩まされるというわけではないものの、若い人よりも年配の人の方が、膝が痛む変形性膝関節症が引き起こされやすくなります。

 

立ち上がった時や階段の上り下りの度に、膝が痛むという症状は決して稀ではないので、ヒアルロン酸を補うために、「ヒアルロン美潤」を使用するのは一つの選択肢です。

 

経口摂取によって軟骨に補充されることはないと考えている専門家の方はいらっしゃいますが、身体に悪影響が引き起こされることはないですし、他の有効成分も取り入れられるので、「ヒアルロン美潤」を飲んでみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、代表的な関節痛としては膝が痛む変形性膝関節症が挙げられ、滑液の量が減り、軟骨同士が直接擦れることで症状が悪化していきます。

 

滑液はヒアルロン酸不足によって減るという特徴があるため、サプリメントの摂取によって補うのは一つの方法なのです。

 

しかし、サプリメントの摂取だけでは特に大きな効果が表れないかもしれないので、確実に関節痛を和らげたいのであれば、整形外科などでヒアルロン酸注射を受けるしかありません。

 

注入によって直接成分を補給すれば、関節の負担を大きく和らげることができますし、痛みや炎症も抑えられるという効果が期待できます。

 

自宅でヒアルロン酸を注射するという施術は行えないものの、医療機関を受診すれば莫大な費用を掛けずに関節痛を緩和できるのです。

 

クリニックによって異なりますが、1週間に1回を目安にして5週連続でヒアルロン酸の注入を行い、痛みが治まった時点で治療を終了します。

 

関節痛が酷くて満足に歩けなかったという方でも、積極的に外出できるようになったケースはあるので、興味がある方は信頼できるクリニックでカウンセリングを受けるべきです。


「ヒアルロン酸の効能」に関するページ