ヒアルロン酸とセラミド

ヒアルロン酸とセラミドについて

女性であれば、ヒアルロン酸と同じように、セラミドと呼ばれる成分を聞いたことがあるはずです。

 

セラミドは皮膚の角質層に存在しており、接着剤のように細胞間脂質の約40%を占め、水分と結び付いて肌の潤いを守っております。

 

ヒアルロン酸も肌の潤いを保つためには欠かせない成分となっておりますが、これだけを取り入れていれば良いというわけではなく、水分と油分を抱え込み、スポンジのように吸収して肌をバリアしているセラミドも大事なのです。

 

それに、皮膚から水分を蒸発するのを防いでいるだけではなく、紫外線といったように外部刺激が皮膚の中に侵入するのを防ぐ働きがあるため、美容面で欠かせない存在だと言えるでしょう。

 

私たちの肌は約28日周期で新しくなっており、これをターンオーバーと呼びますが、老化によってこのバランスが崩れると、セラミドのバランスも崩れて体内から減少していきます。

 

セラミドが体内から減ってくると、肌に潤いがなくなって乾燥が進み、肌荒れが引き起こされる大きな原因となるので、ヒアルロン酸とともに補っておげなければならないのです。

 

セラミドと聞くと、化粧品を使って肌の表面から補給するのを頭にイメージするかもしれませんが、その効果には限界があるので、黒ごまや黒豆、ひじきといった色素成分を含有する食材を積極的に食べた方が良いかもしれません。

 

しかし、ヒアルロン酸が含まれている食品は限られているため、このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」の利用をおすすめします。

 

「ヒアルロン美潤」の中にはセラミドは含まれていないものの、身体の保水力に欠かせないヒアルロン酸はもちろんのこと、その他の美容成分も1粒に凝縮されているので、是非摂取してみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、体内からセラミドが減少すると、いくらヒアルロン酸を取り入れていたとしても、肌のバリア機能が失われてヒアルロン酸の成分が破壊されてしまいます。

 

セラミドを補給して肌の保湿効果を高めることができれば、コラーゲンやエラスチンの安定にも繋がるので、一緒に摂取すれば年齢に負けない美肌を維持できるはずです。

 

きちんとセラミドが機能している肌は、健康的で潤いがあり、肌のバリア機能がしっかりと働いておりますが、加齢によって徐々に減少していきます。

 

セラミドを含む化粧品は数多く販売されているものの、普通に外から与えようとしても、簡単に浸透させることはできないため、ナノサイズのセラミドが含まれている化粧品選びが大事だと言えるでしょう。

 

また、クレンジングのし過ぎで体内のセラミドが溶け出して取れる可能性があるので、あまりにも洗浄成分が強すぎるクレンジングは避け、間隔をあけて使用するようにしてください。


「ヒアルロン酸と他の成分」に関するページ