ヒアルロン酸とコンドロイチン

ヒアルロン酸とコンドロイチンについて

コンドロイチンは、ムコ多糖とたんぱく複合体が結合したムコ多糖体と呼ばれるネバネバした物質を指しており、ヒアルロン酸と同じように体内で生成されております。

 

ヒアルロン酸が肌の潤いやハリを保ってくれるのに対し、コンドロイチンはコラーゲンとともに軟骨や角膜、血管壁といった結合組織を構成している重要な成分なのです。

 

実際に、軟骨を構成している成分の約30%〜40%はコンドロイチンとなっており、サプリメントなどで摂取して軟骨を増加させられるかどうか疑問ですが、体内のあらゆる組織に存在しているため、ヒアルロン酸と一緒に摂取するのは大事かもしれません。

 

ヒアルロン酸は50歳の時に20代の約半分となるのに対し、コンドロイチンも40歳で約半分程度に減少し、体内で不足することによって、関節炎や関節痛といった症状を引き起こします。

 

それに、ヒアルロン酸と同じように皮膚や眼球にも存在する成分で、体内における水分の量をコントロールしているため、不足するとハリや弾力が失われてしまうのです。

 

コンドロイチンが持ち合わせている保水性も、ヒアルロン酸と同じようにアンチエイジングには欠かせないと言えるでしょう。

 

当サイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」の中には、両方の成分がたっぷりと含まれており、加齢による減少を食い止められます。

 

サプリメント選びで最も大事なのは、含まれている成分の量ではなく質で、「ヒアルロン美潤」には身体に不必要な成分は除外されているため、定期的に摂取することで大きな効果が期待できるはずです。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、ヒアルロン酸を注射によって体内に取り入れた場合、軽度のアレルギーが引き起こされると報告されております。

 

その点、コンドロイチンは鶏や豚、納豆や山芋といったネバネバとした食品の中に含まれていることが多く、身近に存在する食べ物で摂取できるというのが大きな特徴です。

 

もちろん、ヒアルロン酸が含まれた食品も存在しますが、魚の目玉やニワトリのトサカといったように、お目にかかることが少ない食品が主なので、コンドロイチンの方が取り入れやすいと言えるでしょう。

 

上記でヒアルロン酸注射を行うと、アレルギー症状が引き起こされる可能性があると説明致しましたが、その成分自体によるものではなく、注射剤に含まれていた不純物による影響だと考えられます。

 

ヒアルロン酸にしろコンドロイチンにしろ、体内で大きな働きを担っている成分なので、積極的に摂取することが大事なのです。


「ヒアルロン酸と他の成分」に関するページ