ヒアルロン酸とビタミンC

ヒアルロン酸とビタミンCについて

美容に欠かせない栄養分としてビタミンCは有名で、緑黄色野菜や果物の中に配合されており、私たちが生きていくためにも必要となっております。

 

実は、このビタミンCはヒアルロン酸を肌に蓄えておくために欠かせない成分で、毎日の食事でビタミンCを摂取していれば、ヒアルロン酸の効果も高まるというわけです。

 

身体の新陳代謝を活発にするビタミンCは、コラーゲンの生成を促すという働きも持ち合わせており、この成分は肌の弾力性を維持したり、肌のツヤを保つというように、重要な働きをしております。

 

現代では、普通の食生活を送っていれば、ビタミンCが極端に不足するような傾向はないものの、ヒアルロン酸やコラーゲンは加齢とともに減少していくので、意識的に摂取しなければなりません。

 

しかし、この2つの成分を取り入れて美容と健康を促進しようと試みたとしても、ビタミンCが不足していては大きな変化を味わうことができないのです。

 

ビタミンCは体内で留めておくことができず、直ぐに尿と一緒に体外へと排出されてしまうという特徴があるので、小まめに摂取していく必要があります。

 

赤ピーマンやパセリ、レモンやキウイフルーツといった食品に含まれているので、肉類に偏った食生活を送るのではなく、野菜や果物も平均的に取り入れたバランスの良い食生活を心掛けなければならないのです。

 

以上のように、美容効果や美肌効果を得たいのであれば、ビタミンC・コラーゲン・ヒアルロン酸の3つを同時に摂取するのがベストだと言えるでしょう。

 

このサイトでご紹介している「ヒアルロン美潤」にビタミンCは含まれておりませんが、年齢によって不足するヒアルロン酸とコラーゲンを補えるので、是非試してみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 

さて、ビタミンCがヒアルロン酸やコラーゲンを助けるだけではなく、この栄養素自体にもシミやソバカスを改善できるという効果があります。

 

だからこそ、化粧品の中にも含まれていることが多く、肌に浸透しやすいように改良されたビタミンC誘導体によって、抗酸化作用や皮脂の分泌を抑制するような効能が期待できるのです。

 

一口にビタミンC誘導体と言っても、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」や「テトラへキシルデカン酸アルコルビル」といった種類があり、名前を聞いて分からないとしても、高濃度の製品を選ばなければなりません。

 

また、抗酸化剤同士の相乗効果のために、ビタミンC以外の抗酸化成分が配合されていたり、使用時に刺激が少ないというポイントも化粧品を選ぶ上で欠かせない要素の一つです。

 

同時に、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれていれば、更に美容面が促進されるはずなので、化粧品を使用する前には、必ず全成分をチェックしておきましょう。


「ヒアルロン酸と他の成分」に関するページ