ヒアルロン酸が含まれた化粧水

ヒアルロン酸が含まれた化粧水の効果について

スキンケアの基本は、肌に潤いを与えて乾燥を防ぐことで、ありとあらゆる化粧品の中で、化粧水は重要な役割を担っております。

 

女性であれば当たり前のように使っている化粧水は、肌を白くする美白効果を持ち合わせているものや、ビタミンCが含まれたものなど多用となっており、その中でヒアルロン酸が含まれた製品が効果的です。

 

元々人間の体内で生成されているヒアルロン酸は、加齢とともにどんどん減少する傾向があり、その影響で肌が乾燥してみずみずしさが失われ、シワやシミといったトラブルに繋がっていきます。

 

そこで、保水力を持ち合わせたヒアルロン酸配合の化粧水を使用することにより、肌の表面にたっぷりと水分を補い、角質を柔らかくして肌の乾燥を防いでくれるのです。

 

通常の化粧水でも肌に水分を与えて乾燥を予防するという効果は期待できるものの、ヒアルロン酸が含まれていれば、更に肌を健やかな状態で保って、ツルツルの状態で維持できるようになるでしょう。

 

個人差が生じる部分なので、一概には説明できないものの、ヒアルロン酸化粧水を使用してから肌の状態が変わったという方は多くいらっしゃいます。

 

このような外側からのスキンケアは大事ですが、同時に「ヒアルロン美潤」を使った身体の内側からのケアも大切です。

 

ヒアルロン酸が含まれたサプリメントの中でも、「ヒアルロン美潤」はより良質な成分が配合されているので、是非一度使ってみてください。

 

 

 

>>> ヒアルロン美潤の詳細はこちら

 

 

 


おすすめのヒアルロン酸化粧水について

一口にヒアルロン酸化粧水と言っても、安いものは数百円で販売されておりますし、高価なものとなると数万円程度掛かる場合があるので、どれがおすすめなのか分からないという方がいらっしゃるはずです。

 

「高い製品が良い」という考えは間違いで、確かに良質な成分が含まれているかもしれませんが、それだけで選ぶと特に肌に変化が引き起こされず、後悔することになります。

 

そこで、製品のパッケージや公式サイトなどをチェックし、低分子ヒアルロン酸が配合されている化粧水がおすすめです。

 

そのままのヒアルロン酸は分子量が大きすぎるため、肌に塗っても奥の真皮層にまでは達さず、肌の表面だけに水分を与えているのと同じ状態だと説明できます。

 

その点、低分子ヒアルロン酸は、分子量を小さくし、肌に吸収されやすいように加工されているので、このような化粧水を選択すれば、より大きな効果が期待できるでしょう。

 

ただし、分子量を小さくし過ぎると、今度は肝心の保湿力が失われてしまう可能性があるため、そのバランスが一番難しいと言えるかもしれません。


ヒアルロン酸化粧水の使い方について

これは、ヒアルロン酸化粧水に限った話ではありませんが、化粧水の使い方を間違っている方がいらっしゃいます。

 

肌に潤いを与えるというスキンケアは、基本中の基本なのですが、ただ化粧水を肌に塗っていれば良いというわけではありません。

 

中には、コットンにヒアルロン酸化粧水をたっぷりとしみ込ませ、入念にパッティングをしている方がおり、肌に良質な栄養素を与えようとしているです。

 

上質なコットンで優しくパッティングしていれば、そこまで悪影響は引き起こされないものの、パッティングの刺激によって表皮が脆くなり、肌がダメージを受けることがあります。

 

特に痛みが生じるというわけではないですし、やっている段階では何も変化がないのですが、だんだんと刺激が蓄積されていくことにより、乾燥した肌が回復する以上のダメージが引き起こされてしまうのです。

 

そのため、ヒアルロン酸化粧水ではなく、一般的な化粧水を使うという場合も、素手で優しく包み込むような使い方を実践してみてください。


手作りのヒアルロン酸化粧水について

市販で販売されているヒアルロン酸化粧水を使ってスキンケアを行うのは一つの方法ですが、手作りのヒアルロン酸化粧水を使用するのも効果的です。

 

ヒアルロン酸化粧水の作り方は非常に簡単で、ヒアルロン酸粉末と精製水、そしてハーブエクストラクトを用意します。

 

そして、精製水10mlに対して0.01gのヒアルロン酸粉末をボトルの中に入れて混ぜ合わせ、数十分程度置いた後にハーブエクストラクトを入れるだけです。

 

手作りコスメの大きなデメリットは、腐敗しやすいということで、市販で販売されている製品よりも日が経てば経つほど状態が悪くなっていきます。

 

とは言え、化学合成の保存料で手作りのヒアルロン酸化粧水を作っては意味がないので、植物由来のナチュラルな保存料であるハーブエクストラクトが適しているでしょう。

 

自宅で作る際に、ヒアルロン酸の粉末が中々溶けないかもしれないので、そのような時は良く振ってから冷蔵庫で保管するべきです。

 

ハーブエクストラクトを加えれば長期保存が可能ですが、それでもなるべく早めに使い切った方が良いかもしれません。


「ヒアルロン酸が含まれた製品」に関するページ