ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸の種類について

美容成分として注目されているヒアルロン酸ですが、実は色々な種類が存在しており、シワの深さや注入する場所によって、使い分ける必要があります。

 

日本で作られたのか海外で作られたのかによっても違いが生じておりますし、分子のサイズや製造方法でも様々な種類に細分化されるのです。

 

素人では種類による違いを把握できないはずですが、唇をふっくらとさせる目的で使用するヒアルロン酸を、目の下のたるみに使用しても大きな効果を得ることができません。

 

ヒアルロン酸にも適材適所があり、専門医の方がそれをきちんと見極めることにより、私たちはヒアルロン酸注射をクリニックで受けて、美しい自分を維持できるようになります。

 

そこで、このページではどのようなヒアルロン酸が存在しているのか、その種類について詳しく記載しているので是非チェックしてみてください。

 

 

<レスチレン>

レスチレンはプチ整形で多く使用されているヒアルロン酸の一つで、ほうれい線のしわや、鼻や顎の部分に使われることが多くなっております。

 

レスチレンは幅広く使用できる製剤なので、ヒアルロン酸注射を初めて行うという方にも適していると言えるでしょう。

 

ヒアルロン酸の種類の中でも、中程度の大きさで、それなりの浸透力が期待できるはずです。

 

 

<ハイアコープ>

プチ豊胸の際に利用されることが多いのがハイアコープで、気軽にバストアップを行える手段の一つとなっております。

 

1カップ程度のサイズアップが可能で、美容整形のように大きな変化が期待できるわけではないものの、安全に処置を施せるということを考えると、ヒアルロン酸注射の方がメリットが大きいのです。

 

ハイアコープの粒子は非常に大きくなっており、目の下といったデリケートな部位には適しておりません。

 

 

<ジュビターム>

ジュビタームはアメリカ製の製剤で、この中に含まれているヒアルロン酸の濃度が一番高いという特徴があります。

 

ナチュラルな仕上がりが可能となっており、顔に引き起こされたシワやたるみの改善に最適なヒアルロン酸です。

 

ボトックスでも有名な「ALLERGAN」と呼ばれるメーカーのヒアルロン酸で、「Ultra Plus」に関しては1年間も効果が持続します。

 

 

<テオシアル>

ヒアルロン酸の濃度が高く、それなりに耐久性のある製剤がテオシアルとなっております。

 

唇のボリュームアップなどに使用されており、自分が希望する形を作りやすいので、理想的で自然な仕上がりになるはずです。


「ヒアルロン酸の種類」に関するページ